スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレリーナヨガ

今日は


DSCN1465_convert_20080627181622.jpg


        

DSCN1471_convert_20080627181434.jpg



です。
アン・オーを作ったら、
息をその状態で吸います。肩が上がらないように気をつけましょう。
できたら胸式呼吸です。
息を吐きながら体を横に倒します。
息を吸って戻ってきます。

これを何度か繰り返します。

左右両方やって下さいね。


次回バレリーナヨガは7月1日です。
体験レッスンもありますので
ご興味のあるかたぜひお待ちしております。
美しい姿勢つくりをしていきます。


詳細・連絡先等は

   http://www.kotonohaweb.com

に掲載してありますのでお願いします。
スポンサーサイト

バレリーナヨガ

今日は
DSCN1437_convert_20080622035419.jpg

   
DSCN1404_convert_20080612225813.jpg

   
DSCN1419_convert_20080615130338.jpg


アン•バをつくり、
息を吸ってその手を保ったままアン•オーに、
息を吐きながらルージエムを通って
アン•バに戻ります。
それを何度か繰り返します。

手のポジションについては過去の記事で説明させてもらっていますので
そちらをご覧下さい。

肩が上がってきやすいので肩をしっかり下げ、
動きと呼吸を合わせます。


バレリーナヨガ

今日は

DSCN1437_convert_20080622035419.jpg

   

DSCN1404_convert_20080612225813.jpg


です。
アン•バからアン•オーの手の動きです。
アン•バにしたら、息を吸いながらその手の形のまま顔の前を通り
アン•オーまで持って行きます。
息を吐きながら元の道を通ってアン•バまで戻します。
これを何度か繰り返してみましょう。
肩が上がってこないように気をつけます。

バレリーナヨガ

本日は


DSCN1437_convert_20080622035419.jpg


アン•バという手の動きを紹介します。
このポーズは肩が前に入りやすくなるので、
肩は耳と同じラインに保ちます。
このポーズで胸式呼吸を何回かしてみましょう。

これまで基本的な手の動きを紹介していますが、
今後これらを組み合わせて行うポーズもあるので
まずはこれらを覚えてみて下さい。

バレリーナヨガ

今日は

DSCN1421_convert_20080621021026.jpg


このポーズを紹介です。
しっかり肩を下げ、手のラインはやわらかく保ちます。
この状態で何回か胸式呼吸をしてみましょう。
右手が上のポーズ、左手が上のポーズ、両方やってみて下さい。

バレリーナヨガ

昨日はバレリーナヨガ教室にご参加頂きました皆さんありがとうございました!

今日は胸式呼吸をご紹介します。
ウェストの後ろ、お腹の面が
床と垂直になるくらい上に引き上げることによって引っ込めます。
その状態を保ったまま、
息を吸った時に、肋骨を横に押し出します。
息を吐いた時に肋骨を閉じていきます。
肩が上がったり、肩が前後に動きやすいので意識して肩周りはリラックスさせます。
まずは座った状態、仰向けの状態で練習してみて下さい。
また、先日紹介した2つのポーズをしながら
胸式呼吸を何回かしてみましょう。
ポーズをつけて胸式呼吸をすると肩が上がりやすいのでしっかり下げます。

胸式呼吸は姿勢を保つのに大切な呼吸法です。
スムーズにこの呼吸ができるように少しずつ練習してみて下さい。

バレリーナヨガ

 本日は学芸大学のバレリーナヨガ教室の日です。夏も近いので、理想的なスタイル目指して皆で頑張っていきたいと思っています!!

ただ今、バレリーナヨガ教室会員募集しております。(女性のみ)
ご興味のある方ご連絡頂けたらと思います。
下記のURLでバレリーナヨガの詳しい詳細記載しております。
ご興味ある方はご覧頂き、ご連絡頂けましたらと思います。
http://www.kotonohaweb.com
 
本日は腹式呼吸法をご紹介します。
腹式呼吸法を行うポイントはまず体をリラックスさせることです。
頑張ろうと思いすぎると
力が入りすぎてうまくおなか周りが動かなくなってしまうことがあります。
私がおすすめする腹式呼吸は鼻から息を吸って、口から息を吐く方法です。
鼻から息を吸ったときにおなかが徐々にふくらみ、
口から息を吐くときにおなかが徐々に引っ込みます。
呼吸法を行う時、肩に力が入りやすい方もいるかと思いますので、
ご自身の体の状態を確認して肩の力を抜いてやってみて下さい。
できるだけおなかは滑らかに動かし、吸う息と吐く息の長さは同じにします。
まずは楽に座った状態で練習してみてください。仰向けの状態でもいいかと思います。
腹式呼吸はリラックス効果があるので、
仕事でイライラした時、
寝付けない時に、意識的に腹式呼吸してみる事もおすすめです。

また、先日紹介しました2つのポーズをしながら、腹式を何回かやってみて下さい。
体の動きが少し加わっただけで肩が上がってしまう肩もいるかも知れません。
意識して下げましょう。

バレリーナヨガ

本日はルージエムという手の動きをご紹介します。
手を横に伸ばし、大きな気を抱えるような感じです。
肩が上がりやすいですがしっかり下げ、二の腕も持ち上げます。
これも簡単そうですが、ずっとポーズを保っていると
二の腕がプルプルしてくる方もいるかもしれません。
二の腕すっきりさせるのに効果的な動きですので、写真を参考にして
挑戦してみて下さい。

DSCN1419_convert_20080615130338.jpg

バレリーナヨガ

はじめまして。今日より健康と美容に良い
バレリーナヨガのポーズをご紹介していきたいと思います。

バレリーナヨガとはバレエとヨガを組み合わせた新しいプログラムです。

バレリーナヨガ(現代書館)より発売中、ハーパースバザー、ボディプラスなどでも
紹介されました。
現在学芸大学のスタジオで、月2回火曜夜20:15~21:35、
静岡市内スタジオで月2回木曜午前11:00~12:00でバレリーナヨガ教室を
やっています。(女性限定)

バレリーナヨガは正しい姿勢をつくり、ダンサーのようなしなやかな体を作ること、
心と体のバランスを整えることを軸に置いて、自分のペースで動いていきます。

きれいな姿勢になりたいけど綺麗な姿勢って一体?と思っている方は多いようです。このブログが少しでも美と健康の参考になってもらえればと思います。
よりしっかり学んでみたいと思って下さった方は、本を見てもらう、より良いのはレッスンを受くことですのでご興味ある方はご連絡頂ければなと思います。

今日の写真の動きは バレエ用語でアンオーという手の動きです。ぜひまねしてみてください。この動きをするのも以外と難しかったりします。綺麗な楕円形を手で作ります。肩が上がらないようにしましょう。

DSCN1404_convert_20080612225813.jpg
プロフィール

バレリーナヨガ

Author:バレリーナヨガ
バレリーナヨガインストラクター
エステシャンの吉田です☆
美容と健康のプロが
日常に役立つ情報をお伝えしていきます!!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。